MENU

NEWS

自民党大阪府連からの情報発信をご確認ください

お知らせ

2021.07.20

自民党大阪府連学生部 政策提言並びに要望書提出

7月15日と16日に二階俊博幹事長並びに下村博文政務調査会長に提言書をお出しする為、また牧島かれん青年局長に要望書をお出しするのに加えYouTube撮影を行う為、原田憲治大阪府連会長にご同行いただき、私たち自民党大阪府連の学生部は党本部に伺いました。

初日の15日は、初めに下村博文政務調査会長とお会いし、その後二階幹事長とご同席されました山口壯筆頭副幹事長とお会いいたしました。この度の提言書は学生部が一から作成し取りまとめたもので、「義務教育の1年追加」や「インターネット投票の実現」など多岐にわたる政策を提言いたしました。
お話しさせていただいた中で、下村政調会長からは「若い皆さんの意見を出来るだけ反映できるように努力する」との前向きなお返事を頂き、二階幹事長からは「若い皆さんの積極的な提言に感謝する」との激励を頂くことができました。

2日目の16日は、牧島かれん青年局長とお会いいたしました。現在の学生部は主に各都道府県支部連合会単位で独立した活動を行っておりますが、この度大阪府連学生部として、全国規模の学生部活動に際して、その企画・立案段階から全国の学生部員の意見が反映される仕組み作りを党本部青年局に要望させていただきました。
牧島青年局長からは「積極的な要望をいただいて、とても心強く思っている。ご提言いただいた内容に、できるだけ応えられるように進めていきたい。」との前向きなお返事を頂くことができました。

その後、牧島青年局長とYouTubeチャンネルの撮影をさせていただき、自民党青年局とはどんな組織なのか。また今後の学生部活動のあり方などについてお話させていただきました。編集作業が終わり次第、自民党大阪府連学生部チャンネルにて公開いたしますので、下記URLよりぜひご覧ください。

大阪府連学生部チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCIMjgWTWqpJJ-5cR445mhtA

関西学院大学に在学中の奥野蓮大阪府連学生部長は「この度の経験を通して、政権与党の中枢に若者の意見を届けることが出来る自民党学生部が行うからこそ、意味のあることだと強く感じるとともに、今後も積極的な活動を行っていきたいと強く思いました。」と述べました。

※なお、事前と事後にはPCR検査を受ける対策を行い、全員が陰性である確認が取れております。

一覧へ