MENU

NEWS

自民党大阪府連からの情報発信をご確認ください

お知らせ

2021.04.20

大阪府連の緊急要望を受け、ICU経験看護師65名の派遣が決定
 

自民党大阪府連では、大阪の新型コロナ重症病床が逼迫している状況を受け、田村憲久厚生労働大臣をはじめ関係大臣に対し、先日「大阪に医療崩壊を絶対に起こさないための緊急要望」を行ったところですが、このたび、文部科学省や厚生労働省などが所管する病院などに呼びかけて、集中治療室(ICU)での勤務や人工呼吸器を装着した患者への対応経験がある看護師を合計で65名確保いただいた旨、連絡がありました。

順次、看護師不足で病床を活用できていない大阪市の「大阪コロナ重症センター」(30床)に派遣いただけるとのことです。本当にありがとうございます。

引き続き、大阪に医療崩壊を絶対に起こさないよう、政府・自民党が総力を挙げて取り組んで参ります。

  • ●文部科学省

    全国の大学病院に要請し、22病院から計35名を確保(文部科学省の看護師派遣要請は初めて)

  • ●厚生労働省・財務省ほか

    労災病院や国立病院など全国の公的病院に呼びかけを実施

一覧へ