MENU

NEWS

自民党大阪府連からの情報発信をご確認ください

お知らせ

2020.04.21

大阪府内の医療従事者を守る、医療体制を守る医療防護服など「国からのプッシュ型支援」を厚生労働大臣に要請

本日、大阪府医師会からの加藤勝信 厚生労働大臣に対する「新型コロナウイルス感染症患者を診察している医療機関への支援に関する要望」と合わせて、自民党大阪府連として「新型コロナウイルス感染症患者を診療している医療機関への支援に関する要望書」を橋本岳副大臣へ手渡し、国による各段の支援を要望しました。

大阪府内ではPCR検査の陽性率や感染経路の不明な陽性者数が急増しており予断を許さない状況が続いています。また、大阪府内の医療従事者は、地域で感染者が急増している中、更に、昨日は府内の3つの病院で院内感染が発生するなど、爆発的な感染拡大の可能性が危惧されています。また、医療従事者の感染リスクも高まる状況下において、適切な医療が提供できる体制の構築が大きな課題となっています。現下の状況を踏まえ大阪の医療体制が絶対に崩壊することのないよう国としての特段の支援を強く要望してきました。

また、我が党所属議員が各医療機関に対しヒアリングを行った結果、新型コロナウイルス感染症患者を診察する医療機関を含む全ての医療機関において、医療スタッフを守る感染防止用のフェイスシールドやN95マスクなどのPPE(防護服)が不足しており、医療崩壊に直面しているとの危機的な現状がうかがえます。大阪府にはPPE(防護服)等の備蓄が全くない現状を鑑み、医療崩壊を引き起こさないためにも国による「プッシュ型」支援をお願した次第です。上記の2点について出来るだけ早急に約100万枚を大阪府を含む備蓄不足の自治体に配布するとの力強い回答を得ました。

加えて、武田良太 防災担当大臣へも上記の内容を伝え、今後は「防災」という観点から国による「プッシュ型」支援を積極的に行うよう要請し、前向きな回答を得ることが出来ました。

第一線の過酷な現場で頑張っていただいているすべての医療従事者の皆様に最大限の敬意を払うとともにご家族への風評被害がないことを切に願っています。

今後とも我が党所属議員が一丸となり、地域の声を国に届け政策を実現して参ります。

自民党大阪府支部連合会
会長 大塚 高司

一覧へ