MENU

NEWS

自民党大阪府連からの情報発信をご確認ください

お知らせ

2018.11.24

2025大阪万博の開催が決定しました。

11月23日、フランス パリで開催されたBIE(博覧会国際事務局)総会において、2025年の万博開催国を決める投票が行われました。

大阪では2025日本万国博覧会誘致委員会が開催国決定に係るビューイング会場を設置、自民党議員はじめ多くの関係者が詰め掛けました。
ビューイング会場では日本が行ったプレゼンの様子を放映するなど盛り上がりを見せましたが、投票結果を映し出す画面に切り替わった瞬間、会場に緊張が走りました。

投票結果は
日本(大阪・関西) 85票
ロシア(エカテリンブルグ) 48票
アゼルバイジャン(バクー) 23票
となり日本は最多得票を得ましたが投票総数の2/3を獲得できなかったため、ロシアとの決選投票に移りました。

参加一同固唾を呑みながら投票結果が映し出されるのを見守りました。
決選投票では
日本(大阪・関西) 92票
ロシア(エカテリンブルグ) 61票
となり、大阪開催が決定、会場は改めて大きな歓声に包まれ、自然発生的に万歳の声が会場を包まれました。

続いて安倍総理から「大阪府連をはじめ 大阪・関西の皆さんの熱意の賜物であります」「大阪万博を最高の万博にしていきましょう!」と喜びのビデオメッセージが寄せられ、続いて国会議員代表として左藤 章 府連会長があいさつ、続いて地元代表と経済界代表からのご挨拶の後、くすだま割りと万歳三唱にて閉会しました。

※動画はビューイング会場で披露されたビデオメッセージです。

  • 左藤 章 府連会長あいさつ
  • 地元代表と経済界代表からのご挨拶とくすだま割り
  • 地元国会議員
  • 地元国会議員

一覧へ