MENU

NEWS

自民党大阪府連からの情報発信をご確認ください

お知らせ

2018.09.13

岸田文雄党政調会長(災害対策本部長代理)が台風被災地域を視察

9月12日、自民党平成30年9月北海道地震・台風21号災害対策本部を代表して岸田文雄本部長代行、今村 雅弘 事務局長、佐藤 信秋 事務局次長が大阪入りし台風21号による暴風被害に関する府内首長との意見交換並びに被災地の視察を大阪府連所属議員とともに行いました。
午前中大阪市内で府内首長と意見交換では大阪府市長会会長の阪口伸六高石市長と大阪府町村長会会長の松本昌親千早赤阪村長が岸田政調会長に要望書を手交しました。
出席する市町村長から一人ずつ要望を受けて、わが党としてしっかりと対応することをお約束しました。

昼からは電柱が倒れていた現場に泉南市に赴き被災直後の写真を見ながら竹中勇人泉南市長から当時の状況を説明していただき、その後市役所に場所を移して竹中市長から改めて被災の状況と要望を承りました。

最後に関西国際空港に移動、連絡橋や滑走路の状況の説明を聞きながら、復旧状況を確認しました。
関西国際空港はインバウンドはもちろん物流の中心でもあり一日でも早く関西国際空港が復旧するように党としても全力を尽くしてまいります。

一覧へ