MENU

NEWS

自民党大阪府連からの情報発信をご確認ください

お知らせ

2017.12.21

安倍総理、菅官房長官へ「2019年G20サミットの大阪誘致」について要望書を提出、大阪開催の実現に向けて積極的な検討を求めました。

12月21日、自民党・公明党の国・大阪府・大阪市会議員団の代表は、首相官邸を訪れ、2019年日本で最初の開催となるG20を大阪で開催することを求める要望書を菅官房長官に手渡しました。
要望書のあて先は安倍内閣総理大臣及び菅内閣官房長官あてで、当日は左藤章府連会長を筆頭に今回の会談の実現に尽力していただいた中山泰秀前府連会長、花谷充愉 府議団幹事長、黒田當士大阪市議団幹事長が同席、大阪こそがG20サミット開催地として最適であることをアピール、大阪開催に対する積極的な検討を求めました。
あわせて、関西経済連合会、大阪商工会議所、関西経済同友会、大阪観光局からの安倍内閣総理大臣あて要望書も提出しました。
これを受け、菅官房長官から「極めて重く受け止める」との回答がありました。

  • PDF

    PDF形式(130KB)

  • G20サミットの大阪誘致について(要望)内閣総理大臣あて

pdf

  • PDF

    PDF形式(130KB)

  • G20サミットの大阪誘致について(要望)内閣官房長官あて

pdf

  • PDF

    PDF形式(84KB)

  • 2019年G20サミット首脳会議の大阪開催について(関西経済連合会・大阪商工会議所・関西経済同友会)

pdf

  • PDF

    PDF形式(82KB)

  • 2019年G20サミット首脳会議の大阪開催について(大阪観光局)

pdf

一覧へ